読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Category of Happiness

幸せのカテゴリー

消えない光。

Ads by でんでんアドネット

 僕は比較的、イギリスの音楽をよく聴くのですが、スミスというバンド、最初はあまりピンときませんでした。

 ザ・スミス - Wikipedia

 ビートルズ、ザ フー、ストーンズ、ローゼス、オアシスなどは、すんなりと入り込めたのですが、スミスは独特の暗さがあって、高校生くらいの僕はなかなかイントゥ出来ませんでした。

 20代も何年か過ぎた頃、確か年末だったと思います。柄にもなく大掃除というか、部屋の整理をしていて、あまり聴いていなかったスミスのCDをかけました。それで、自分内大ヒット!(マイブームの亜種?)

 思えば、いまでいうネオアコのはしり?なので、ギターがギャンギャンなるような音楽では無いのですが、その静謐とも言えるサウンドとモリッシーの声に、遅ればせながら、魅了されたのです。

 一番好きな曲、といわれても悩むのですが、強いて言えばこの二つ。


The Smiths - Please, Please, Please, Let Me Get ...

 マンドリンの音色が良いですね。


The Smiths - There Is A Light That Never Goes Out ...

 あとはやっぱりこの曲でしょうか。すごく有名な曲なので、これが一番好きとかいうのも恥ずかしいのですが(ビートルズでレットイットビーが一番好き、と言うようなもの?)

 

 ということで、こんなのを書きました。

 

THERE IS A LIGHT

THERE IS A LIGHT

 

 相川龍彦は五年振りに故郷である新潟に帰ってくる。彼は、今では自分の弟達と暮らしている息子と再会する。
龍彦はなぜ、失踪したのか? そして、なぜ戻って来たのか?
新潟と東京を舞台に、ひとり放浪していた男が妻子と再会し、再び去ってゆく姿を描く。

 

 うわー! 恥ずかしい! けれど書いた!

 原曲は、心中の歌(?)ですが、これは一応、親子の話です。行き場の無さ、みたいなものをインスパイアされました。あとは、ヴェンダースですかね。

 リリースは11/22です。巷では「良い夫婦の日」と言われている日です。皮肉ではありません。