読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Category of Happiness

幸せのカテゴリー

21デイズ

Ads by でんでんアドネット

 今年も、もう21日過ぎましたね(他意はありません)。去年の反省を活かし、細々と(ほぼ)毎日ブログを更新中です。まぁ、あまり拘ってはいないのですが。

 実は昨夜、記事を書いてはみたのですが、柄にもなく時事ネタ(?)に触れていまして。書き終わった後、読み返してみて、我ながらダサいことを書いてしまったので、ボツにしました。そんなことわざわざ書くなよ、って感じですね。

 盟友(勝手に!)である牛野小雪氏が、僕の初期作品(通称、初期亡一朗)の『LaLaLaLIFE』のレビューを書いてくださいました。

kindleで小説を読もう。王木亡一朗強化週間『ライフゲージ』 : 牛野小雪の愚者空間

kindleで小説を読もう。王木亡一朗強化週間『夫婦茶碗』 : 牛野小雪の愚者空間

kindleで小説を読もう。王木亡一朗強化週間『ユリコのゆりかご』 : 牛野小雪の愚者空間

kindleで小説を読もう。王木亡一朗強化週間『不揃いのカーテンレール』 : 牛野小雪の愚者空間

 連作短編集なのですが、まとめてではなく、連日にわたり短編一つ一つに! 感謝です。心の中で毎日、「ひとつひとつ……!」と濱田岳さんの金太郎のように涙を噛み締めていました。ソフトバンクユーザーですが。

  上記作品に、もうひとつ『魔法のじゅうたん』という短編が加わった計5作です。

LaLaLaLIFE

LaLaLaLIFE

 

 

 しかし、2017年ですね。2007年からもう十年経ちました。2007年といえば、イギリスのレディオヘッドというバンドが、突如特設サイトでニューアルバムをリリース。MP3音源のダウンロード販売を始めました。しかも、価格はユーザーが決めるという方式(無料でも良い)。僕も英語サイトに四苦八苦しながら、数ポンドをPayPalかなにかで払いました。当時は、このレディオヘッドのリリース方法が物議を醸しました。レコード会社不要論というか、極端な例だと「ロクにプロモートもしないレコード会社なんて、ただのCD焼き屋だろ!」みたいな意見まで出ました。既存の流通形態に依存しない、またオフィシャルで無料ダウンロードが出来てしまうことに、当時はとても驚きましたが、あれからもう10年なのですね。

trendy.nikkeibp.co.jp 

 サエキけんぞうさんの記事ですね。他にも、ボーカロイドの出現でプロとアマの境界が曖昧になった、地方と東京のボーダーなど、今となっては半ば当然のこともありますが、エポックとなった出来事が2007年には結構あったのですね。