読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Category of Happiness

幸せのカテゴリー

連載こぼれ話的な。

Ads by でんでんアドネット

 

 さて、とある王木さんの週刊連載が終わりました。

note.mu

 各話1万字で、全10話です。しかし思ったより、いや、思っていた通り、ちょっとばかり大変でした。週刊連載って、ドキドキしますね。「秋の夜長」という掌編小説集を11月末に出しまして、それ以降、ちょこちょこと書いておりました。

 

 

 仮タイトルは「プリーズ・プリーズ・ミー・オゥ・イェ」でした。第1話の冒頭は、ベイビーバレットのライブ、ということで、オープニングから音楽用語が満載! 小説以外の、ライブレポといか、そういう文章を沢山読んでいた甲斐がありましたね(特に松村雄策さんには感謝)。

 12月2週目から書き始めて、1/22の連載開始まで一ヶ月半。第1話公開時点でのストックは、第5話の80%くらいまで、という状況。まぁ、半分は出来ているから大丈夫かな、とタカを括っていまいたが、自分の想定の甘さに絶望w。でもですね、ちょうど「いつかこの恋を思い出して、きっと泣いてしまう」などのドラマが続々と放映開始されていて、どうせだからこのクールにのってしまおう、とスタートしました。

 いままで何作か長編を書いてはきましたが、構成を考える時はなんとなく「映画」を意識して書いていました。ただ、今回は週刊連載ということで、テレビドラマ的な構成で書いてみたいな、とも思いつつ。なので、シリーズ構成的には、いわゆる民放テレビドラマを参考にしました。具体的には去年放送していた石原さとみさんのドラマ「ディアシスター」とかの構成を参考にしています。あんまり役には立ちませんでしたが。

 あとは、毎回アイキャッチ画像的に、そのお話のタイトル画像みたいなものを用意しました。毎回色が変わるのはドラマ版「私立探偵濱マイク」からの着想です。タイトルバックが毎回違う色でした。

 

f:id:OUKI_Bouichirou:20160328144215j:plain f:id:OUKI_Bouichirou:20160328144245j:plain f:id:OUKI_Bouichirou:20160328144345j:plain f:id:OUKI_Bouichirou:20160328144410j:plain f:id:OUKI_Bouichirou:20160328144437j:plain

f:id:OUKI_Bouichirou:20160328144507j:plain f:id:OUKI_Bouichirou:20160328144535j:plain f:id:OUKI_Bouichirou:20160328144601j:plain f:id:OUKI_Bouichirou:20160328144628j:plain f:id:OUKI_Bouichirou:20160328144649j:plain

 

 元バンドマンを主人公にして、国民的アニメである「サザエさん」の設定を一部拝借しました。音楽ネタは、これまでも「ベイビーブルー」「ブッダブッダブッダ!!!!!」「ティアドロップ」などで書きましたが、正直ちょっと控えようかな、とも思っていたのです。なんていうか、昔から、それこそ小説を書くようになる前から、音楽は好きで聴いていましたし、自分で言うのなんですけれど、ちょっとだけ詳しいんです。取材したり、調べなくても書けるというか。いわゆる得意分野(?)なんですけれど、それに頼ってばかりというのも、芸がないよな、というか。ただ初めての連載で、自分の知らない分野に挑戦するのは、いろいろと詰むな、とも思ったので、一旦の集大成的なものにしよう、なんてことを思っていたのです。

 各話タイトルも、ロック史に残る名曲たちから、引用文的なかたちで用いました。シングル曲とか有名曲ばかりで、DJでかけたら失笑ものの選曲ですがw

 執筆前時点では、第6話タイトルはニール・ヤングの「Like a hurricane」でした。お義父さんに首都高でハリケーンのように振り回されるという。他にも、候補としては、ザ・バンドの「I shall be released」、レディオヘッドの「True love waits」などがありました。

 というわけで、12月から書き始めたんですけれど、年明け早々に、とあるバンドマンが、なにやら騒動を起こしたりして、内心マジか〜w、なんて思っていたのですが、その後くらいにスキーバス事故もあったじゃないですか。そのニュースを知ったときは、全然気がつかなかったんですが、宮藤官九郎さんの監督した映画「TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ」が、この事故を受けて公開延期になったというニュースを見て、あ、俺のも大丈夫かな? なんてことを思いました。もちろん、今作を書き始めたのは去年のことなので、関係はないのですが。

 いま思ってみれば、僕くらいの人がそんな心配する必要なんてないというか、はっきり言って自意識過剰なんですけれど、万が一苦情がきたら、ちゃんと説明はしよう、とは思っていまいた。仮に読んだ人全員から来ても100件くらいだろう、と。一件もありませんでしたが。

 そんなこんなで、noteとブクログのパブーで連載を始めました。パブーの方では、第1話が週刊ランキング1位になりまして、閲覧数が跳ね上がりました。一週間で400くらいだったかな。おかげさまで現時点では約840です。その後は100前後くらいなので、ランキングブーストってすげーな、と。パブーの方は宣伝ツイートとか、ほとんどしていないですからね。

 noteの方ではこれといって爆上がりはしなかったんですけど、安定した数字をキープしております。今のところ第1話の閲覧数が290で、その後が200くらい。第6話以降で150弱といった感じ。

 2/29以降はカクヨムでも掲載していましたが全然ですねw。

 

  ドキドキしながら、第1話を終えて、ライナーも更新しつつ、この二ヶ月間書いていました。始める前に、「絶対に遅れない! 休載もしない!」ということを決めていました。しかし、「まだまだストックあるから大丈夫〜♬」などと構えていたものの、次第に行き詰まり……、3月の初めには、奥様(あえて敬称)に風邪を伝染され、「あ、一週休もうかな……」とか頭を過ぎりつつも、僕の中の某先生が「おや、君は自分が風邪をひかない人間だとでも思っていたのかな? だとしたら、認識が甘いね」などと囁くので、意地でも間に合わせるという孤独な戦いをしておりました。そして第8話公開時点で、ついにストックはゼロにw

 いや、尾田栄一郎でも休載することはあるんだから良いだろう、とも思うんですけれどね。そこはほら、一流のインディ作家を目指していますからw、ねぇ? なんとか初志貫徹というか、期限だけは守れました。

 

ouki-bouichirou.hatenablog.com

 

 元バンドマンの物語、ということで、音楽用語(?)やらが何の説明もなしに沢山出ていますが、これは書籍化の際に脚注でもつけましょうかね。現代の「なんクリ」的な。個人的には野暮かな〜、とも思いますが。

 

 ということで、加筆修正ののちに、「ディレクターズカット」的な感じに書籍化したいと思います。時期がきたら、またお知らせしますね。

 次回作も、書き始めています。

 多分コレかコレです。

f:id:OUKI_Bouichirou:20151229004514j:plain f:id:OUKI_Bouichirou:20151229004447j:plain

  Kindleシングルスのお声がかからないので、勝手にやるシリーズです。ですので、どちらも短編になる予定です。

 

 震えて待て!

 

 あとApple Musicプレイリスト、作ってみました。タイトル元の曲たちと、各回の裏テーマ的な(?)曲たちです。

 

 でわでわ〜! アデュー!

 

our-numbered-days4.tumblr.com

 

f:id:OUKI_Bouichirou:20160113194945j:plain