読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Category of Happiness

幸せのカテゴリー

Our Numbered Days:今週のライナーノーツvol.9

Ads by でんでんアドネット

 

 もう今週ですね……!

 Our Numbered Days第9話「Bitter Sweet Symphony」公開です。

 

note.mu

 

 今週のナンバーは、UK最後のロックンローラー、リチャード・アシュクロフト率いるザ・ヴァーヴの97年発表のサードアルバム「アーバン・ヒムス」の一曲目から!

 実はこのバンド、95年に最初の解散をしているのですが、いろいろあって復活しました。

 まぁ、例に漏れずリチャードはドラッグ中毒だったわけですが、そこから這い上がってきたわけですね。オアシスのギャラガー兄弟とも仲が良く、お兄ちゃんのノエルは、この曲をよくアコギでカバーしています。お兄ちゃんは、バンドが解散して路頭に迷っていた(?)リチャードを、オアシスの前座に起用したりと何かと励まし続けていました。

 97年という年は、オアシスが「ビィ・ヒア・ナウ」、レディオヘッドが「OKコンピュータ」を発表した年です。オアシスの方は売れはしたものの、あまり受けいられず、本人たち(特にノエル)も「あれはあんま良くない」などと言ったりと散々でした(そういえば、デビュー前のピート・ドハーティ(exリバティーンズ)が発売時の街角インタビューに答える映像がYouTubeにありますw)。

 一方のレディオヘッドは既存のギターロックからの脱却を図り、世界的な成功を収めます。一曲目の「airbag」のイントロをはじめ、日本でもミスチル、サザンなどに大いにパクられました。

 パクリといえば、この曲のストリングスは、ローリング・ストーンズに訴えられます。ストーンズの「ラスト・タイム」という曲のオーケストラカバーの音源をサンプリングしているのですが、氏曰く「使いすぎ」とのことw

 世代的には後追いなのですが、個人的にはこの97年にリリースされたこの3作でブリットポップ(クール・ブリタニカ)は終わり、98年にリリースされたパルプの「ディス・イズ・ハードコア」で、トドメを刺されたと思います。トドメです。

 

 さて、連載の方も、クライマックスです。来週は、いよいよ最終回です!

 マジか! あっという間だったよ! 一体、どうなるのでしょうね。

our-numbered-days4.tumblr.com

 

 最終回は3/25(金)の夜です!

 

f:id:OUKI_Bouichirou:20160317004733p:plain

アーバン・ヒムス

アーバン・ヒムス

 

 


The Verve - Drugs Don't Work (Acoustic On MTV)


YMO - Perspective

 

 

(震えている。ただただ俺が震えている……!)