読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Category of Happiness

幸せのカテゴリー

新刊「秋の夜長」が出ます。

Ads by でんでんアドネット

明日(11/29)、王木亡一朗の新刊「秋の夜長」が発売されます。王木亡一朗が年内に発行するものとしては、最後になります。

 

秋の夜長: (What's the Story)Autumnal Nights? (ライトスタッフ!)
 

  今年の9月から11月にかけて、僕のTwitterに投稿した掌編小説が収録されている作品集です。全部で13編、文字数で約45000字です。

 もともと、夏の終わりに出した「夏の魔物」のセルフ応援企画として始めたモノでした。夏ときたから次は秋の……、という思いつきで始めたモノでしたが、書いてみると意外に(?)面白く、また、このように短い小説を書いたことが無く、短編と言えど1万字程度の作品が多かったので、今作のような一作品あたり3000〜5000字というのは、新鮮な体験でした。

 長い物語も、その長さに応じて執筆には労力がかかるのですが、短いからといって、楽ではありません。むしろ、短い作品は短いなりの労力がかかります。

 労力と言っても、僕自身楽しんで書いているので、さほどのことはありません。また、得られるフィードバックもあります。

「秋の夜長」は、単著で完結するものを目指しましたが、もともと「夏の魔物」の応援企画だったので、少なからず関連があります。そもそも掌編小説を書こうと思ったのも、「夏の魔物」に収録されている「TVゴースト」が意外にも評判が良く、それが8000字程度の文字数だったからです。「夏の魔物」の登場人物をを出したりもしました。脇役(モブキャラ?)から、主人公まで様々ですが。

 

 現在は、既に書き上がった長編の手直しをしながら、次の作品の構想を練っているところです。家族小説のようなものになる予定ですが、どうなるでしょうか。構想だけ練って書かずにボツにすることもよくあるので、出るかどうかは判りません。ただ、既に書き上げたものは、何かしらの方法で出すつもりです。

 

 ではでは、王木亡一朗「秋の夜長」をよろしくお願いします。

 ランディングページです。今回も「でんでんLP」を使わせて頂きました。「刊行に寄せて」という文章も書きました。

akiyonaga4.tumblr.com


SION 春夏秋冬 - YouTube