読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Category of Happiness

幸せのカテゴリー

新潟ご当地グルメ?(もも太郎、イタリアン他)

Ads by でんでんアドネット

 ヤマダマコトさん(新潟文楽工房)の「団地のナナコさん」を読みました。1980年代の新津市(現新潟市秋葉区)が舞台で、モロ地元です。僕は昭和60年生れなので、ちょうど生まれたときです。知っている場所が沢山出てきて、昔の記憶を刺激されました。

 作中に「もも太郎」というアイスが出てきて、ちょっとアガりました。東京では見かけませんね。名前の通りピンク色のアイスですが、味はイチゴ味です(多分)

 独特な甘い匂いがします。レッドブルの匂いがかなり近いです。初めてレッドブルを飲んだときは、「あ、これもも太郎の匂いがするっ!」となりました。

 株式会社セイヒョー もも太郎 いろんな種類がある!(知りませんでした)

 あと、新潟ご当地グルメ(?)として、個人的に外せないのが、やっぱり「みかづき」の「イタリアン」です。イタリア料理、いわゆるイタ飯ではありません。「イタリアン」という商品名なのです。

 どんな食べ物かを説明するのが難しいのですが、3、4年前に何かのテレビ番組でみかけたときは、「ミートソース焼きそば」と紹介されていました。言い得て妙です。

 新潟名物「イタリアン」公式通販 | みかづきオンラインショップ

 

 とまぁ、唐突に紹介しましたが、何を隠そう私の新作「ティアドロップ」にも上記の食べ物が登場するもんで(笑)。しかし、食べたくなりますな。(冷凍イタリアンをポチる)

 他にも「ティアドロップ」には出てきませんが、ご紹介したい新潟の食べ物をいくつか。

 

「サラダホープ」

www.kameda-netshop.jp

 キツめの塩味、人の爪のような見た目も相まって、おやつで出てきたときは「今日はハズレだ」と思ったものですが(おい)、結構クセになる味です。

 東京の友人にお土産として持っていったこともあります(リアクションは微妙でしたが笑)。でも、食べ始めると「美味い美味い」と言ってました。

 

ぽっぽ焼き」

shop.ng-life.jp

 あと外せないのが「ぽっぽ焼き」です。「ぽっぽ」とは汽車のことで、高倉健さんの「鉄道員(ぽっぽや)」の「ぽっぽ」と同じです(多分)。

 シンプルで正直大した味はしないのですが(おい!)、美味しいです。お祭りの屋台でしか売っていません。なので、祭りに出かけて、これを買ってこないと、「何しにいったの?」と家族から詰られます(笑)

 なぜお祭りでしか売ってないのでしょうね〜。既得権益でしょうか(恐る恐る)。

 

「のっぺ」

言わずと知れた新潟の味「のっぺ」 新潟市

 新潟を出ると、この「のっぺ」は全然通じませんね、お正月とか、おめでたい席で出てくる料理なのです。あと「漬け菜汁」かな〜。奥さんに作ってもらおうと説明したのですが、ダメでした(自分で作れ)。「のっぺい汁」とは別物です。

 

 おわり

 

「ティアドロップ」発売まで、あと5日!

ティアドロップ (ライトスタッフ!)

ティアドロップ (ライトスタッフ!)