読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Category of Happiness

幸せのカテゴリー

世界は、ひとつじゃない。

Ads by でんでんアドネット

inuko.blog.jp

 犬子さんのブログを読みました。なんとなく僕もモヤモヤとした感想を持っていて、でも、持ち前の奥ゆかしさで、静観するつもりではいたのですが、サブタイトルの「世界は、ひとつじゃない」に反応して、「星野源さんの歌にも、そういう歌詞あったなー」と思ってツイットしたりしました。(奥ゆかしい人は自分で奥ゆかしいとは言いません) 触発されて、このブログを書いています。

 

 そして、TLに流れてきたこちらのエントリやトゥゲッター。

rashita.net

togetter.com

 これらを読んでいて、その内容には概ね同意と言うか、そんな感じですが、ほとんどプロモーションの方法だとか文章の体裁など、作品の外側の話ばかりで、肝心の中身は、あんまり話題になっていないのだな、とまた漠然とモヤモヤしています。(重複表現?)

 そんで、これって最近、何か近いこと思ったよなー、と脳内検索して出てきたのが、セカイノオワリのドラゴンナイトです。ドラゲナイ。

 ツイッターとかで、トランシーバ?を片手にドラゲナイドラゲナイとやっているネタ画像が流れてきたりしていました。ですが、曲の内容とかの話はあまり入って来ず。

「ドラゲナイ」という単語?が、凄く流行っているのは結構なことですが、曲のメッセージ(あるとすれば)とか内容が入って来ないのって切ないなー、と思っていました。じゃあ、聴いてみれば?  そうですね。


SEKAI NO OWARI - Dragon Night (中日對照) - YouTube

 聴いてみました。良い歌じゃないですか。どことなく「why can't we be friends?」な感じ。サビの感じとか、内容的にも。


WAR - WHY CAN'T WE BE FRIENDS - YouTube

「WAR」の有名曲ですね。あ、「SEKAI NO OWARI」にも「WAR」って入ってる!

 まぁ、アレですね。「百聞は一見に如かず」というか「虎穴に入らずんば虎子を得ず」というか。

 大体「話題」になるようなことって、派手なプロモーションだとかキャッチーな言葉やコピーだったり、そういう「外側」のことがほとんどです。内容が話題になったって、せいぜい「泣ける」とか、そんなものでしょう? というか正確に言えば、「泣ける」なんてのは、その商品の「機能」であって、内容ではないと僕は思います。内容を踏まえて涙が流れたのなら、「その作品に触れて、泣いた」というのが正しいのではないでしょうか。(別にどっちでも良いですが)

 話がズレましたが、作品の「外側」って、話題にしやすいですよね。内容がどうのこうのって言うのって、結構リテラシーが必要だと思います。単純な誤字脱字誤植や、音質が悪いとか、アレは何々のパクリだ、とかそういう揚げ足取りみたいなのってバカでも出来ます。反対に、すんなり読めちゃう誤字脱字誤植を、内容や文脈を深く読んで見抜いたり、この迫力あるサウンドは敢えてテープコンプ噛ましてるからだ、とか判る人はすごいなー、と思います。

 

 話がどんどんズレていきます。どこに行くのでしょう? 僕はどこへ行けば良いのでしょう? あの頃の輝いていた僕はどこに行ってしまったのでしょう? 僕に輝いていた時期なんてあったのでしょうか? 著名人や偉人の威を借りて偉くなったつもりでいただけではないのでしょうか? そもそも自分から輝ける人なんて一握りでしょう? いや、何かの光を浴びれる人だって限られているのでは? ほとんどの人が、なんの光も当てられないまま、人生を終えていくのではないでしょうか? 誰が僕に光を当ててくれるのでしょう? キャンドル・ジュン?

 

 まぁ、冗談はさておき。ズレた上に例によって、まとまらないですが、外側の部分に反応してしまった以上、内容に向き合うのが、僕なりの礼儀(流儀?)かな、とも思うので、「FEATHER」読んでみようと思います。

 ちなみに個人出版におけるプロモーション云々については全然わかりません。


星野源「ばらばら」弾いてみた - YouTube