読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Category of Happiness

幸せのカテゴリー

要するに『epub置き屋さん』なわけでしょう?

Ads by でんでんアドネット

 何のことかと言えば、KDPやKWLのことです。だってそうでしょう? セレクト登録すれば別とはいえ、KDPの印税率は35%。充分? じゃあ、あえてこう書きましょう。KDPのシステム手数料は65%! どう? 高くない?

 えっとね(笑)、去年はインディ作家としてのキャラが薄かったので、今年はリア充キャラでいくとか、新年四日目くらいで、それがリア王になったりとか、シェイクスピアに対して恐れ多いとか色々あるのですが、まぁ、要するに、去年は結構ネコ被ってたわけです。でも気付きました。ネコは被るものではなく、愛でるものだって。だから、今年は本音とか素直に発信します。

 というわけで、タイトルなわけです。要するに『epub置き屋さん』なわけでしょう?

 65%持ってく代わりに、作品の宣伝とかをしてくれるわけでは無いのですよ。ただ、置いてくれるだけです。まぁ、最大手のAmazonに置けるのだから65%なんて高く無いよ、という意見もあるかもしれません。僕もそう思います(ん?)。既に実績のある、多くの人が慣れ親しんでいる(使い勝手が良いかは人それぞれですが)プラットフォームに、インディ(アマチュア)である自分の作品が置けるのですから。

 じゃあ、なぜこんなことを書いたかというと、国内外のインディミュージシャンが利用しているプラットフォームに「bandcamp」というのがありまして、そこのシステム利用率は、15%なんです。(デジタルなら)

 おかしくないですか? だってデータの大きさって、MP3なら一曲大体3MBくらいなんですよ。分数にもよりますが。10曲で30MB。MP3は大体CDの10分の1くらいの容量なのです。で、epubなんてものは大体、数百KBなわけでしょう?CDの容量が800MBくらい。10分の1のMP3だとしてもアルバム一枚分で80MBくらい。

 そういったデータを扱っている「bandcamp」で持っていかれるのが15%で、たかだ数百KBを扱うKDPが65%だぜ!? ヘーイ、メーン!

 とまぁ、たかだか数百KBなのは、主に文章主体の小説などの場合なので、漫画とか画像を扱えば、データは大きくなりますからね。って、それはそれで一定以上の大きさのデータの場合は1MBあたり幾らかの配信量を持っていかれるらしい! マジか!おいおい!

 ふぅ。えっと、詳しいことは判らないので勝手なこと書いています。もしかしたら、データ量とか、そういう単純な話だけじゃないのかもしれません。多分、なんらかの事情があるのでしょう。市場規模も違うでしょう。

 今更ですが、bandcampって何と思った方には、こちらのページがよくまとまっていて大変素晴らしいです。


bandcampのすすめ

 

 そしてこちらに↓、bandcampの良さが書かれているので、引用します。

僕がbandcampをすすめるサイトを作った理由 | bandcampのすすめ

実はそのあたりについて「良くある質問集(FAQ)」で中の人は言っています。

『アーティストのwebサイトがあるとして、bandcampはその中の音楽配信ページ、販売セクションになりたい。』

(中略)

なるほどですね。
シンプルでカスタマイズ可能なwebデザイン。広告はなし。高音質で提供する。
ブログパーツのように試聴用のプラグインはバリエーション豊富。
オリジナルのドメイン設定が可能。
などなど、提供機能は満載です。
でもSNS的な機能は全くといってもない。

己を殺してアーティストのためにありたいサイト・サービスなんですね。
これって凄い事だと僕は感動してしまいました。

  無料で利用可能ってのは、本当は無料じゃないんだぜ。実は、持っていかれてるんだぜ、というお話です。一応、書いておきますが、持っていかれるのが嫌なわけではありません。65%が法外だと糾弾したいのでもありません。みなさんはどう思いますか?ということを問いたいのでもありません。

 ネコは被るものではなく、愛でるものと冒頭に書きましたが、僕が愛でているのは概念としてのネコで、何所かから怒られそうな気配を感じたら、「叩いて被ってじゃんけんぽん」のように、即座に愛でているネコを被ります。だから、怒らにゃいでくださいね。にゃーん!

 

FUJIROCKERS~THE HISTORY OF THE FUJIROCK FESTIVAL~ [DVD]

FUJIROCKERS~THE HISTORY OF THE FUJIROCK FESTIVAL~ [DVD]