読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Category of Happiness

幸せのカテゴリー

だんだん良くなっていく?

雑記
Ads by でんでんアドネット

 何かを始める時は、いつも億劫だ。 

 上手くできない。時間がかかる。そもそも、どうやって良いのかがわからない。
 ただ、それでも続けていけば、少しずつ上手くなっていく。上手くなる、とまではいかなくても、だんだんマシにはなっていく。
 継続は力なり、だ。(そんな言葉あったっけ?)
 ただ、上手くいかないことがわかっているから、何かをスタートする「気」を持つことが難しい。
 安易にあれもこれも手を出すのは、恥ずかしいことだ、と思われている。(気がする。誰に?)
 興味があることは、全部やりたい。けれど、時間は限られている。生活をしているtp、体も疲れる。疲れていると、何かをする気になれない。特に、頭が疲れていると、ダメだ。脳もフィジカルだから、ヘトヘトになると回らない。(僕の場合は)
 だから、疲れている時は、極力寝る。本も読みたいし、映画も見たいけれど、我慢して寝るのだ。全く屈辱的だ。僕は体の奴隷のようだ。腹が減れば飯を食うし、眠たくなったら寝てしまう。自分の身体からの要求を断れない。
 何をするにも体が必要だ。移動も、作業も、思考も。精神だけでは成り立たない。そもそも精神自体が、脳が発しているパルスだ。
 身体が欲していない欲求は、どこから来るのだろう? モノを創りたいとか、音楽が聴きたい、映画を見たい、本を読みたいとか。スポーツをしたいというのも、体が欲している欲求ではないかもしれない。僕はスポーツをしないからわからない。
 それとも、精神が欲しているとうのは錯覚で、ただ脳が刺激を欲しがっているだけだろうか。脳もフィジカルだ。これも身体的な欲求だろうか。
 
 話が大分逸れたけれど、続けていると、段々良くなってくる。稀にイップスのようなものもあるけれど……、あ、そうか。イップスか。
 
 自分の好きな作家が、ある時、乱心したかのように、変な作品を作ることがある。これは多くの人に共感してもらえると思う。でも、それは作家の変化というよりも、自分の好みがかわったせいだとおもっていた。けれど、イップスだ。脳もフィジカルだから、受信するという行為に、イップスが起こるのかもしれない。
 
 今日のブログは、最初に頭の中にあった結論とは別のものになってしまった。
 まぁ、良いか。これもイップスということで。