読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Category of Happiness

幸せのカテゴリー

六次の隔たり

Ads by でんでんアドネット

 

BABY BLUE

BABY BLUE

 

 ということで、新作「BABY BLUE」が出ました。登録の時に、操作をミスって一度200円で出ちゃいましたけれど、期間限定セールと釘売って、5/18まで99円セールを実施します。二重価格ではありません(笑) あくまで定価は200円です。

 それに伴い、一部の登場人物が重なっている「ブッダブッダブッダ!!!!!」も同期間、99円セールを実施します。

 

ブッダ ブッダ ブッダ!!!!!

ブッダ ブッダ ブッダ!!!!!

 

 「ブッダ!!!!!」は女子高生が筋肉少女帯の曲を文化祭で演奏する(?)、というお話ですし、「BABY BLUE」もバンド青年のお話なので、音楽モノという共通点はあります。続編とか、シリーズというわけではないのですが、「ブッダ!!!!!」を読んでいると、ちょっと面白い部分とかもあるので。もちろん、どちらもお話としては独立しているので、片方だけでも問題ありません。(もちろんどちらも読まなくても問題ありません)

 というか、僕の作品は、本筋とは全然関係ないところで、登場人物がクロスオーバーしたりしています。『長谷川陽子』なるキャラクターは、自作の短編集「ランデヴー」収録の「夢見る少女じゃいられない」に、割とメインのキャラクターで出てきますが、上記の「ブッダ!!!!!」にも、一瞬だけ出てきます。

 

 なぜ、そんなことをしているのかというと、理由は三つくらいあって、一つは、まぁ、趣味ですね。

 海外テレビドラマ「LOST」とか、スティーブン キングの「スタンド」とか、全然関わり合いが無いと思っていた人たちが、実は過去に出会っていて……、というようなスモールワールド現象とか六次の隔たり、というガジェットが好きで取り入れています。

 作品世界を統一されたものにしたい、っていうのは、小説を書き始めた頃から思っていたことで、「こだわり」っていうほどのものでも無いのですが、自分ルールみたいなものです。

 あとは、偉そうに他の作品に対して言うことじゃないですけれど、制作側の都合の悪い設定の矛盾を「パラレルワールドです」で済ませてしまう、あの感じが好きじゃないというか……。

 

 ということで(?)、「BABY BLUE」「ブッダブッダブッダ!!!!!」をよろしくお願いします。