読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Category of Happiness

幸せのカテゴリー

月刊群雛5月号を・

Ads by でんでんアドネット

 4/29発売の「月刊群雛2014年05月号」に、新作短編「悲しみ」で参加します。

「母の上京」で参加した4月号に引き続きです。

 

月刊群雛 (GunSu) 2014年 04月号 ? インディーズ作家を応援するマガジン ?

月刊群雛 (GunSu) 2014年 04月号 ? インディーズ作家を応援するマガジン ?

  • 作者: 林智彦,猫春雨,田中せいや,夕凪なくも,王木亡一朗,きうり,Nyara,婆雨まう,山田佳江
  • 出版社/メーカー: 日本独立作家同盟
  • 発売日: 2014/03/24
  • メディア: Kindle
  • この商品を含むブログを見る
 

  日本独立作家同盟のサイトで、インタビューも公開されています。

王木亡一郎さんの新作短編小説「悲しみ」とインタビューが「月刊群雛 (GunSu) 2014年05月号」に掲載! #群雛 :日本独立作家同盟

 

「悲しみ」は、とあるキーワードから、サリンジャーを引き合いに出すという、恐れ多いことをしています。

 サリンジャーと言えば、僕が高校生くらいの時に、「ライ麦畑でつかまえて」の村上春樹訳が出版されて、当時ちょっと話題になってましたし、深夜のクイズ番組で生瀬勝久さんが、「発禁戦隊サリンジャー」と言って紹介していたり、攻殻機動隊のTVアニメでもモチーフとして出て来ていて、存在は知っていたのですが、僕が直接興味を持ったのは、「爆笑問題のススメ」という番組で太田光さんが、「フラニーとゾーイ」を紹介していたからなんですね。

 その番組では、ちょっとだけ「バナナフィッシュにうってつけの日」のことも話していて、他にも太宰治の「晩年」、カート・ヴォネガットの「タイタンの妖女」も紹介していました。それで視聴後に「ナイン・ストーリーズ」と「タイタンの妖女」を購入。小学生の時に、シャーロック・ホームズなどは読んでいましたが、海外ものは、ほとんど読んだことがありませんでした。

 正直、文体はちょっと古いなー、と思いましたが、凄く面白かったです。ということで(?)、記事タイトルの「・」は「ナカグロ」ではありません。トラルファマドール星語に訳すと……?

 ということで、「月刊群雛5月号」をよろしくお願いします。