読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Category of Happiness

幸せのカテゴリー

今後の予定。

宣伝 セルフライナーノーツ
Ads by でんでんアドネット

 

他人のシュミを笑うな

他人のシュミを笑うな

 

  三日間の無料キャンペーンも終わり、累計で400近いダウンロードを頂きました。

よろしければ、ぜひ覗いてみてください。無料サンンプルもあります。

 

 今後の予定としては、「他人のシュミ〜」より、ちょっと長い8万文字くらいの作品を公開します。また連作短編ですが。

f:id:OUKI_Bouichirou:20140225222734j:plain

「LaLaLaLIFE」(ラララライフ)という4編+1という構成です。

 3月の1日か2日に販売を開始します。(審査にかかる時間で、日付が変わってしまうかもしれません) よろしくお願いします。

 

内容について少し。

 

とある夫婦の茶碗にまつわる話
夫婦茶碗

男の子だからって何でも買ってもらえる弟の存在が面白くない姉
「ユリコのゆりかご」

赤い絨毯に、トラウマがあるんです。とある探偵のもとに舞い込んだ依頼
「魔法のじゅうたん」

夏の日の夜、僕は耐えきれなくなって部屋のカーテンを引きちぎる!
「不揃いのカーテンレール」

 日々の暮らしは、何気ないようでいて、実際はもっと色々なことを思っているのだ。

(『生活のために働いてる』なんていうと、いわゆる意識高い系の人たちに、『仕事って、人生の多くの時間を割くもんだし、我慢して生活のために時間を費やすなんて、すごく虚しいよ』みたいに顰蹙を買うけれど、そういう人たちが、『自己実現のため』とか『より良い人生のため』に働いてるってのも、『人生=生活=LIFE』なんだから、そう変わらないんじゃないかな。『命を懸けて』なんていうけれど、誰だって命は一つしか無いし、生きているってことが既に命懸けだ。だから、生活のため、人生のため、命のため、っていうのは、本当は殆ど同じ意味だ。——本文より)

 日々の生活や、そこからちょっとはみ出したエピソードにフォーカスを当てた連作短編です。

 

「LaLaLaLIFE」発売後は、パブーで公開している作品を加筆修正したうえで、Kindleストアで公開します。なので、じきにパブーでの公開はやめます。現在、長編4作と、短編4作がありますが、短編は一つにまとめた上で、書き下ろしを付けます。以下、少し紹介を。

 

「ブッダ ブッダ ブッダ!!!!!」

え!? 女子高生が筋肉少女帯!?
文化祭での演奏を目前に控えた、高校三年生のガールズバンド。しかし、突如、ボーカルが脱退してしまう。
高校生活最後の文化祭ライブ。どうしても出たい! そこに、偶然にも歌の上手な下級生が現れる。
しかし、彼女が提案した加入条件は「筋肉少女帯」のコピーバンドだった!?

 

バンドマンの水沢奏人は高校を卒業後、進学も就職もせずにフラフラとしていた。バンドも解散し、毎日を無為に過ごしていた彼は、そんな生活を恋人に詰られてしまう。 ひょんなことから陶芸家のアシスタントとしてバイトで雇われた彼は、そこで働くうちに、自分が見失いかけていたものに気付く。

 

相川龍彦は五年振りに故郷である新潟に帰ってくる。彼は、今では自分の弟達と暮らしている息子と再会する。
龍彦はなぜ、失踪したのか? そして、なぜ戻って来たのか?
新潟と東京を舞台に、ひとり放浪していた男が妻子と再会し、再び去ってゆく姿を描く。

 

 高校二年生で美術部の紗綾は、旅行が中止になってしまって意気消沈のまま家に帰る。しかし、家のリビングは何者かに酷く荒らされていた。壊れたテレビ、 引き裂かれたカーテン。両親は海外、姉は長野の山奥。彼女は父の職場の男に助けを求めるが……。あこがれの芸術家にあったり、とある場所に行ったり。ひょんなことから、『特別』になった夏休みを描く。

 

 以上が長編です。順不同で紹介しましたが、最初は恐らく「ブッダ!!!!!」になるでしょう。

短編は、

「河童」

「夢見る少女じゃいられない」

「夏の日のサイダー」

「ほこりまみれ」

「タイトル未定」書き下ろし

を収録予定です。

 

Twitterもやっています。

王木 亡一朗 (OUKI_Bouichirou) on Twitter